床掃除の方法


床掃除のカテゴリーです

床掃除の方法は、掃除機がけから拭き掃除、保護のためのワックスがけ、絨毯・ラグなどの掃除など多岐に渡ります。
また生活の中で床掃除は基本となる掃除です。
海外では、室内は土足の場合が多く、土汚れが多いです。
しかし、日本では靴は土間で脱いで、生活するので土汚れは少なく、埃汚れが主体となります。

 

なので、本当はルンバのようなブラシでかき取る仕組みの掃除機は、絨毯の土汚れなどを除去するのに適した掃除機です。証拠に昔からある絨毯掃除機は、スティック型のような形をしていて、アップライト型と言いますが、すべてブラシが回転して、絨毯などの毛を立ち上げながら、吸引していく仕組みです。

 

フローリングなどを吸引するには、とり立てて回転するブラシの付いたノズルは必要なく、単純な回転しないブラシで十分ゴミを取れます。

 

回転ブラシに髪の毛が絡みついて、それを取る作業にかなりの時間が取られるなんて、本末転倒です。

 

ダイソンが絡みつかないノズルを開発中なのか?動画があります。
早く日本に入ってこないかと楽しみにしています。

 

 

 

日本のメーカーももっと、オープンにすれば身近になっていいのに。そんな気持ちです。

 

以下床掃除のカテゴリーの記事です。
興味のある方は見てみてください。

床掃除記事一覧

床掃除・拭き掃除の方法

TVで時々松居一代さんが、床掃除に関して説明していたのを思い出しますが、床掃除の方法は、床の材質や洗剤や道具によって色々あります。床掃除に関しては重曹での拭き掃除。ローラーでコロコロと粘着テープで掃除。(じゅうたん敷きのところでよく行いますね)ワックスがけ米ぬかで掃除スチームの熱で汚れを浮き上がらせ...

≫続きを読む

 

重曹による床掃除

重曹を使った掃除ですが、まずスプレーボトルに5%から10%希釈の重曹を溶かした物を作り、それを汚れにスプレーしてふき取ります。スイッチプレートやコンセント回り、電化製品のリモコンなどの手垢を取るのにも、スプレーを作っておくと便利です。希釈量が多いと乾いたときや、ガラス、鏡など白く浮いてくる場合があり...

≫続きを読む

 

コロコロ(粘着ローラー)で床掃除

コロコロと転がして床のゴミをとる粘着ローラー。今では知らない人はいないのではないでしょうか?ニトムズというメーカーが有名ですね。昔は、ガムテープを適当な長さに切って、それを輪につなげて指を通してぺたぺた、よくやってましたね。エチケットブラシもみんなどこでも使っていました。今では、ローラーをコロコロ転...

≫続きを読む

 

粘着ローラー シュティッキー 通販

2000回洗って粘着力が復活する、粘着ローラー「シュティッキー」販売店は、ショップジャパンです。シュティッキー販売ページいままで、あなたはコロコロ転がす粘着ローラーの使っていると思います。ご主人のスーツのホコリを取ったりペットの毛が、衣服に付着して、毎朝学生服にコロコロしたりかーぺっとをコロコロして...

≫続きを読む

 

トルネード回転スピンモップ 楽天公式販売店

トルネード回転モップ 他社の回転モップと何が違うのか?掃除用品のアズマさんといっても、皆さんご存じないかもしれませんが、いろんな面白い掃除用品を販売しているので、好きなメーカーです。アイデアグッズ的な商品が多いです。ちょっと話はそれますが以前も掃除機の排気を外に出してハウスダストをシャットアウト! ...

≫続きを読む

 

ネプリーグ CM ダイソン DC45  インターネット限定。あのダイソンが1万円...

ネプリーグのCM中に、ジャパネットたかたのセール情報が流れていました。提供がジャパネットなので、頻繁に流れていましたね。このページが、すぐ検索に乗るかどうかはわかりませんが書いておきますね。ジャパネットたかたの、トップページの頭にダイソン DC45 モーターヘッド シルバー DC45MOSVのバナー...

≫続きを読む

 


【スポンサードリンク】



これからの新生活。2台目の掃除機に。安いサイクロン・充電式スティッククリーナーを探しているあなたへ アイリス 掃除機特集

アイリスの回転モップや高圧洗浄機・スチームクリーナーをチェックしたい方は アイリスお掃除用品特集 


あの人に見られてるかも『いまさらとあきらめた、キレイの感動をあなたに』ピュア・メディカルOnline