洗濯機 掃除 方法


洗濯機の洗濯槽の裏側の汚れ、見たことありますか?

洗濯機の掃除に関してなのですが

 

一時期洗濯機の分解掃除が流行ったことがありました。

 

しかし、東芝の旧機種など、洗濯槽を止めてあるネジが鉄製で錆びて折れる事例が多発。
時代も流れて乾燥機能付きドラム式など分解に手間がかかる機種も出てきて、なおかつカビキラー洗濯槽クリーナーなどの簡易洗剤が売り出され、一時の頃に比べれば今ひとつの分解掃除の需要になっていますね。

 

生協などが簡易的なブラシ洗浄なども行うことで洗濯機クリーニングに参入。分解作業自体が業者に今ひとつメリットのない作業になっているのも現状ですね。

 

自分の家で洗濯機クリーニングを行おうと思えば、全自動洗濯機の場合バランサー、パルセータ、洗濯槽を取り外せば、全体を洗うことが出来ますが、部分的に入り組んだ部分や洗濯槽をかしめてプラしチックと結合してある場合など完全分解出来ない場合もあり、通常は洗濯槽にぬるま湯を張り洗濯槽クリーナーを投入してしばらく置いて、洗濯機を回し汚れをはがしとるのが一般的です。

 

そのほうが、素人の方には安全です。
ただ水をいれている高さまでしか薬剤が当たらないので、境目の部分はどうしても汚れが除去しきれません。

 

 

放置時間と回数でその辺をクリアしましょう。

 

 

 


洗濯槽クリーナーも種類が増えましたね。売れ筋順に確認できますよ!

【スポンサードリンク】



これからの新生活。2台目の掃除機に。安いサイクロン・充電式スティッククリーナーを探しているあなたへ アイリス 掃除機特集

アイリスの回転モップや高圧洗浄機・スチームクリーナーをチェックしたい方は アイリスお掃除用品特集 


あの人に見られてるかも『いまさらとあきらめた、キレイの感動をあなたに』ピュア・メディカルOnline

【スポンサードリンク】